MENU

日給月給制とはどのようなものか

日給月給制とはどのようなものか お給料の支払いの方法にはいくつかあります。代表的なものに日給制、月給制、日給月給制があります。なんとなく知っているけどという人は多いかもしれませんが、それぞれの意味についてしっかりと把握しておくことはとても重要です。ここでは日給月給制について取り上げてみます。

日給月給制とは、勤務した1日を基本の計算単位として給料が定められます。そしてその給料の支払いを毎月1回まとめて支払う方法のことを言います。つまり日給の積み重ねが、毎月の給料日にまとめて支払われる方法のことを言います。だからその月に働いた日数が多いと、支給される給料の額も多くなるというわけです。逆に言えば月の勤務日数が少なければ、もらえる給料も少なくなります。

企業によっては事務職などで、日給月給性を採用しているところもあります。企業にとってのメリットとしては、従業員には働いた分だけ給料を渡せばよいのである意味効率が良いともいえるかもしれません。また契約社員を日給月給制にしている企業もあります。効率が良いので、人件費を抑えたいと考えている企業は採用する傾向があるようです。一方で従業員側から見ると、休みたいときに休暇を取得しやすいメリットがあるようです。

関連サイト



Copyright(c) 2019 日給月給制とはどのようなものか All Rights Reserved.